英会話コーチによるスカイプ英会話レッスン  

プライベート・レッスンversusグループ・レッスン

プライベート・レッスンversusグループ・レッスン

プライベート・レッスンとグループ・レッスンではどちらのほうがいいのか。

プライベート・レッスンとは

プライベート・レッスンというのは生徒1人に対して先生1人で行うレッスンで、俗に言うマンツーマン・レッスンのことです。

グループ・レッスンとは

グループ・レッスンというのはそれに対して複数の生徒が同時に学ぶレッスンのことですが、多くの英会話スクールではこの中間に少人数のクラスがあり、グループ・レッスンというと生徒が10人ぐらいいる大人数クラスのことを指します。少人数クラスは生徒数が3人までのクラスや5人までのクラスなどいろいろあります。

人数は少なければ少ないに越したことはない

単純な答えは、人数は少なければ少ないに越したことはないということです。これは授業料を見れば一目瞭然ですね。プライベート・レッスンが一番高く、少人数クラスが二番目、そしてグループ・レッスンが一番安いです。

日本の学校というのは1クラスに生徒が40人もいて、学校教育で英語が身に付かない理由のひとつにクラスのサイズが挙げられています。語学というのは話すことが学習の中心になるので、1人当たりの発話量が重要になるわけで、日本の英語教育を補うために登場した英会話スクールでは少人数ということをどこでも売りにしているのです。

発話量に差が出る

そうなると、生徒数が40人のクラスよりは生徒数10人のクラスのほうがよくなり、生徒数10人のクラスよりは生徒数5人のクラスのほうがよくなり、生徒数5人のクラスよりは生徒数3人のクラスのほうがいいことになります。

発話量が一番多いのがプライベート・レッスン

そして、究極の少人数がプライベート・レッスンです。生徒は1人だけ。あなただけです。

プライベートのメリットは発話量が多いだけではない

このたった1人というのが実は大きな意味を持っているのです。これは単に発話量の違いだけではありません。あなただけということはあなたのレベルに合ったレッスンができ、あなたのペースに合ったレッスンができ、あなたの好みに合ったレッスンができることになります。2人だとそうはいきません。2人でも10人のクラスに比べればかなりの少人数で、発話量も増えます。ただ、カスタマイズという観点でいえば他のグループ・レッスンと大差なくなります。

グループではどうしてもレベルに差が出る

語学学習では自分に合ったレベルで学ぶということが非常に重要なことなのですが、生徒が複数いるクラスで全員のレベルが一致するということはなかなかないのです。もちろんどの学校でも最初にレベル・チェックを行ってクラスを決めるので、大きな差というものは生まれません。それでも同じにはならないですね。若干の差が生じます。時にはかなりの差のある生徒が入ってきます。レベル・チェックでは別のクラスに診断されたのに来られる曜日と時間帯の都合でどうしてもそのクラスにしか入れないというケースがあるからです。あるいは、レベル・チェックを行った講師の診断と本人の意見とが食い違い、本人がより高いレベルだと信じ込んでいるようなケース。さらにはレベル・チェックといっても5分間の休憩中に行った非常に短いもので、正確な診断ができなかったケースなどがあります。

つまり、生徒数が複数のクラスでは少人数であろうと大人数であろうと、レベルの差というものが少なからず生じることを覚悟しなければなりません。

レベルに差があるとやはりやりにくいものです。他の生徒が自分よりもレベルが低いと物足りなさを感じますし、逆に高いと劣等感を感じたり、間違えるのが恥ずかしく発言しにくくなります。

性格の違い

この差というのはレベルだけに留まりません。性格の違いも出ます。例えばペアーワークをする時、相手が非常に無口な人だったらどうなりますか。あるいは話すネタがいつもない人。週末に何をしましたかという質問で会話をした時に、いつも、特に何もしませんでしたで終わってしまう人。

興味の違い

興味の差も出ます。英語以外には共通の話題がなかったりすると、これまたやりにくいものです。興味の違いというのはもちろん先生との間にも生まれますが、先生の場合、あなたに合わせてくれます。先生はあらゆる点であなたに合わせることができますが、生徒同士ではそうはいきません。

グループ・レッスンでは1人当たりの発話量を増やすために必然的にペアーワークが多くなるので、ペアーを組む相手というのが大きく影響してきます。

グループ・レッスンのメリット

ではグループ・レッスンにはメリットはないのでしょうか。そんなことはありません。あなたが単に語学習得だけでなく社交的な目的で英会話を習いにきている場合、グループだと人との出会いが生まれます。また、複数の人と話すことで話題に広がりが生まれたり、他の人の話し方から学ぶこともあります。知らない単語を使ったり、あるいは反面教師的にその人の間違いを通して学ぶこともあります。

さらにグループならではできるゲームなどもありますので、全体的にグループでは楽しく盛り上がりのあるレッスンができます。

そして価格。安いというのが最大のメリットですね。逆に言うと高いというのがプライベート・レッスンのデメリットになります。

Kenglish Schoolの授業内容

5180人

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional