英会話コーチによるスカイプ英会話レッスン  

Kenglishとは

Kenglishとは

教室、訓練、稽古のKとenglish(英語)を掛け合わせたもので、英語教室という意味です。また、Kは国際人、交流、交渉力、効果的、環境など当校で大切にしている概念の頭文字でもあります。

国際人

当校では、国際人として幅広く交流のできる人材の育成を目指しています。国際人というのは単に英語ができる人や英・米文化のみに精通している人を指すのではなく、世界の中のアジア人、そしてその中の日本人としてのアイデンティティをしっかりと持ち、対等な立場で他の国々の人たちと交流し、相手の文化や考え方を学び、同時に日本やアジアの文化もきちんと発信できる人を指します。

環境

今、全世界的に環境への意識が高まっていますが、母なる地球である自然環境を守ることは地球人として重要な務めです。日本では国際人という言葉がそうした地球意識が広がる以前に生まれているために、単に成長と発展の経済システムの中でグローバルに立ちまわれる人材という意味合いのほうが強いことと思います。一般の英会話スクールでは未だにその視点に立っている所が多いですが、むしろ海外ではそうした視点から、地球環境を大切した持続可能な方向へ移行しています。国際的な会合等でも日本人のそうしたことに対する知識のなさがズレとして現れているようです。当校では、母なる地球のことを理解し、大切にできる、真の意味での地球人=国際人の育成を目指しています。

交渉力

政治家等の交渉力の乏しさが最近取りざたされていますが、当校では自己主張がきちんとできる交渉力のある人材の育成を目指しています。自国の文化をきちんと発信できるということも自己主張と関連しているのですが、その意味でも、日本の文化を学び、伝えられることが重要です。環境ということもただ欧米から入ってくる情報を受信するだけでなく、特にここ滋賀県では、農的暮らし、古民家という建築様式、近江商人の三方よしという循環型の考え方などが昔からあるので、そうしたものを伝えられる人材の育成を目指します。

効果的

それらを効果的な学習法で習得していただきたいと思っています。
効果的な学習法についてはKenglish・メソッドを参照してください。

3216人

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional